FC2ブログ
素顔でインテリアトーク As time gose by ・ fromさいたま市
さいたま市にあるインテリアコーディネーターオフィスより。ゆったりリラックスしながらインテリアのお話をしています。暮らしの様々なシーンを交えて。ワイン大好きICの素顔トーク。
01 | 2019/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

新年の計2019年

昨日は7日。
七草がゆの日。
私は朝一番で美容院ですっきりしてきました。
大体の方はお仕事はじめの日でしたね。

風の宮

昨年訪れた伊勢神宮の風日祈宮の写真とともに
モードを切り替えています。
本日は朝私のお部屋の紙類・・
カタログ・プログラム・リーフレットなどを捨てる作業。
これだけでも1時間はかかります。

本日は午後より外出するので
明日オフィスの書類を片付けます。

旧暦では
2月4日から新しい年がスタートしますので
それまでに片付けをしたり1年の計画を
ノートに書きこんでいこうと考えています。

インテリアコーディネーター4人のお仲間との
イベント計画も含め今年は昨年の新しい出会いを
形にしていこうと考えています。

1年の計は元旦にありとは良く言ったもの。
最初が肝心!新年が始まったと思ったら
本当にあっという間ですから。

今年の私のテーマは

取捨選択。即断即決。新しい出会い。チャレンジ。
潜在意識の開花。変化を恐れない。

かなり欲張りですね(笑)

皆様改めまして
どうぞよろしくお願いいたします


にほんブログ村

スポンサーサイト
母と初めての伊勢神宮の旅

12月25日より
母と数年ぶりに二人で旅行をしてきました。
父方、母方の親戚に会う目的でもあったので
伊勢から和歌山、大阪少しという感じでした。

外宮

当日は快晴。こちら伊勢神宮の外宮からお参り。

伊勢神宮へ

いとこご夫妻のご案内をいただきながらの
伊勢参り。なんと神聖な空気でしょう!

鯉冬眠

この立派な鯉。
冬眠?1匹も泳いでないし動いてない!!!
このような光景、初めて見ます。

赤福本店

有名な赤福本店。
おかげ横丁はこちらの赤福さんが作ったもの。
連日大盛況だそうです。

赤福おもち作り

本店のみ出来立ての赤福をいただけるとあり
行列ができています。

赤福できたて

すっとした線は作る際の指のあと。
柔らかくておいしい!感激のお味。

天の岩戸

伊勢神宮を後にし
向かった先は磯部の天の岩戸神社。
天照大御神が須佐之男命のいたずらに腹を立て
とじこもったという伝説の洞窟。
最強のパワースポットと評判。
ひっそり静まりかえる木立の道を進みます。

天の岩戸源流

伊勢神宮を流れる五十鈴川の源流で
日本の名水100選になっています。
水が勢いよく流れており
お水を取りに来られる若い家族に遭遇しました。
(そのまま飲んではいけないしペット連れは禁止ということです)

二見ガウラ

日も短く果たして間に合うのか?と
心配していましたが二見ケ浦神社。海沿いにあるこちらの
場所はケガレを払う霊場。

夫婦岩

16時半に到着して無事に夫婦岩を見ることが
できました。(17時で観光終了)
赤く染まりだそうとする夕方の空。
海の中に浮かぶ夫婦岩は神々しく
見入ってしまいました。

地元を知り尽くす従妹ご夫妻が
私たちの為に一日時間をとってくださり
伊勢神宮から岩戸、夫婦神社まで
予定通りに全コースを回ることができました。


その日の夕食は予約の取りにくい
人気のおしゃれレストランで
クリスマスディナーコースを
ご一緒させていただきました。

明るく楽しい従妹ご夫妻、
母の姉である叔母のお見舞いもでき
叔父さんと従妹と和歌山での時間を共に過ごせ
心から癒され楽しく良い時間を過ごすことが
できました。

昔私が子供のころの思い出もよみがえり
母と水いらずで宿泊できた12月は
きっとずっと忘れない
思い出になることでしょう。



にほんブログ村


建築はだれのものなのか?

先日4年ぶりの母校である与野南中学校の
同窓会がありました。
15歳の時に戻って楽しく過ごしてきました。

帰宅と同時にお客様からメールをいただき
スイッチという番組で建築をやっているとの
タイムリーなお知らせ。

台湾のオペラハウスで知られる世界的建築家・伊藤豊雄さんと
世界各地で人が暮らす「家」を撮り続けている写真家・小松義夫さんが
家との関係を語り合う内容でした。

自然の風景

このような風景を見るとほっとしますよね。
東日本震災で伊藤氏が被災地を訪れた時
「あなたに頼まなくても私たちで何とかするから!」
という冷たい視線を浴び
建築の役目を深く考えたそうです。

高層タワーマンションという箱に
人が住み、街はどこも同じ表情になっている。
間取りに人が決められ住んでいる状態・・・
建築はだれのもの?

現在、伊藤氏は愛媛県・大三島に足しげく通い、島に昔から
ある建物を活かしながらホテルやカフェを作り、
ここを日本一魅力ある島にして人を呼び込もうという試み
を続けられています。

青い空と海。豊かな緑。
ミュージアムや昔小学校だったホテル。

写真家の小松さんは世界各国の住まいの中で
印象的だった壁のない家が
忘れられないと話されていました。
寝ている木の上に眼をやると
鳥がいて目があったそう。

想像を超える景色ですよね!

人にとって居心地よい建築や場所を探る・・・
今一度、原点にかえり
人が主役の間取りを
思考していく必要があると熱く語り合うお二人。
トークの場所の「今治市伊藤豊雄建築ミュージアム」は
海辺にたっており、時おり風が吹き抜ける様子が映ります。

川越古民家

こちらは以前ブログでご紹介した川越の古民家。
ご案内していただいた時より2年ほど経っていますが
現在は民泊施設として稼働されているようです。

私たちが見据えるのは100年時代の私たちの
人生を共に支え合う住まいの変化と
豊かに暮らせる場所づくり。

住まいにはまだまだ十分な伸びしろがあるのだと
可能性を感じる番組でした。
O様。ありがとうございました


にほんブログ村
今日から11月。断捨離完了!
今日は風が冷たく
冬の入り口を感じる朝。
一昨日から2日間にわたり
時間を区切って
キッチンとクローゼットの整理をしました。

キッチン引き出し1

キッチンクロスとコースターを一つにまとめ

引き出し2

コーヒーカップを一つにまとめました。
人を招くことが多くなってきたので
コーヒーカップはコスパの良い
スタッキングできる白いものを
足す予定です。まだスペースあるので入りますね。

ブラインド越しの夕方

気がつけばもう夕暮れ前。
2時間なんてあっという間!!

IMG_4764.jpg

近くに住む次男のとこへ来た
ボーダーコリーのシェリーちゃん。
時々遊びに来ます。
l今年8月生まれの女の子。
小さい子のありがちな(笑)やたら噛むのです。

柿の枝の表面を削って渡したら
ずっとカリカリしている。
すごい集中力です

今年は本当に激動、変化の多い年。
別れと出会いは同時と言ったもの
シェリーちゃん、長男家族の猫ゆずちゃん(女の子)
息子たちがたて続けにペットを飼うようになったり
新しいご縁や復活したご縁もあって
今とてもワクワクしています。

インテリア運気アップセミナーをしているので
私自身の体験をお客様にお話しできる
材料にもなりますね。

引き出しを整理すること=頭の整理につながります。
キッチンは特に雑然としやすい場所。
お料理が好きなので
衝動買いしたものがストックになってしまいがち・・・
食品庫もぎっしり詰めないで
スペースをあけるのが良いですね。

今月は公私とも予定が多いです。
自分自身の可能性を見据え
楽しみながら過ごしたいと思います。

風邪をひかれているかたも多いようです。
体調管理に十分注意をなさってくださいね。


にほんブログ村

今宵は詩的に。サンセットに想う。

10月21日。
夕暮れがきれいでしたので今宵は詩的に参ります。


yuuyake.jpg

生と死・・・
人は宿命を持つが
運命は自身で変えられるという。
環境や境遇に左右されるのは仕方ないが
自身の良心や本心を隠したままでは
どこかでひずみがくるもの。

今年、実の父を亡くしてから
自分の心のままに生きることを決めた。

気になる人、大切な人への
気がかりを封印して
あなたは苦しくないですか?

命の限りに生きること
懸命に生きること
自分らしくいきること

愛をもって自分も人も活かされる
自分の立ち位置を今一度
考えてみてほしい。

やさしさを忘れてはいけない。
自分が我慢し続けるとその大切さを
忘れてしまう。

忘れてはならない。
今は今、この時しかないのだ。
さらに人との出会いもはかないもの。
今日の夕暮れはすでに過去の風景。

空を羽ばたく勇気。
自分を俯瞰してみる時間。
いつでも持てるよ。
自分に正直であることを忘れないで。


にほんブログ村



プロフィール

ハート

Author:ハート
FC2ブログへようこそ!
さいたま市中央区のオフィスから。インテリアコーディネーターです。インテリア全般の仕事をしています。
風水を取り入れた開運や暮らしの運気があがるインテリアを創っていきます。どうぞ宜しくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中!

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ