FC2ブログ
素顔でインテリアトーク As time gose by ・ fromさいたま市
さいたま市にあるインテリアコーディネーターオフィスより。ゆったりリラックスしながらインテリアのお話をしています。暮らしの様々なシーンを交えて。ワイン大好きICの素顔トーク。
01 | 2019/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

呼吸のたいせつさ
趣味の詩吟を
習い始めて10年が経過しました。

いくつかのコンクールにも出ましたが
裏声を使わず地声で吟じるこの世界は
一朝一夕に上達するものではありません。

一般一部の対象年齢は35歳から55歳まで。
最近とみに減少傾向にあるそうです。
そんな事情のなか
目黒区所属の我が旦早流吟詠会は
最近青年部も含め若い方々が
入会してくれ活気づいています。

長くやっていますと
何回か難解ゾーンに入る事があり
昨年3度、プライベートボーカルレッスンを受けました。
音楽大学で教鞭をとられ
これまでイタリアで舞台を何度か
踏まれた華やかな女性の先生です。

オペラを専門にされていますが
詩吟の生徒さん迄指導されています。

その中で指摘されたのが
呼吸の浅さでした。
息にのせ声をのせるのが歌である。
深く息を吸ってゆっくり吐いていくのが基本。
腹式呼吸もしかり丹田の位置や動き方を
ご指導いただきました。

歌だけでなく
普段の日常生活にも取り入れることを
おすすめします。
スケジュールに追われていたり
困ったとき、詰まったとき。
その時、私たちの呼吸は浅くなっているのです。
呼吸の大切さは今更でもないですが
自分を落ち着かせる手段として
お勧めいたします。

森

溜息は人前ではいけませんが
一人になったときは良いそうですよ。

息を整える・・・
ゆっくり吐いてゆっくり吸う・・
(方法などは様々あるようですが)
是非取り入れてみてください


にほんブログ村
スポンサーサイト
ボイストレーニングに初挑戦!
久しぶりに趣味の話。
詩吟。
気が付けばかれこれ10年経っています。

最初の時は怖さも知らず
マイクを使って吟じる世界に
未知の世界を見ていました。

ただここ数年、コンクールでも練習でも
満足の得られる吟ができていない。
なんだかぎこちない・・・
声が前に出ない。息が詰まる。必要以上の緊張感。

お誕生日月を境に
抱えている現状に向き合おうと思い
一大決心
昨日、生まれて初めて
ボイストレーニングの門をたたきました。
昨年からずっと探していたのですが
なかなか合致する場所が
見つからず難航していました。

ドキドキ、ハラハラ興味深々で
ボイストレーニング専門の先生との体験レッスン。


一歩足を出したことで
再び歌への情熱がよみがえってきました。

歌は仕事以外の
ライフスタイルの大切な時間。
声を使い話す仕事をしているので
役にたつところもあるかもしれません。

うまくいかないことに向き合う作業は
大変ではあります。
初めてのトレーニングで
いくつかの改善点のご指摘を受け
納得しました。
好きな趣味だから向上したい
それは自分のこだわり。

きっと今の私にプラス効果が出てくると信じています

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
師範免許頂きました。
私の趣味は詩吟。
皆様、この世界をご存じの方はいらっしゃいますでしょうか?

先日10月5日第16回温習会で
師範免許を頂きました。

第16回温習会

詩吟の雅号(がごう)・・芸名みたいなものでしょうか?
島田 旦桜 (しまだ たんおう)と申します。
このお名前は、桜の季節が好きで
宗家先生に申し出て許可を得たものです。
詩吟をはじめてから約10年経過しました。

最初は
歌い方、いえ吟じ方(ぎんじます!
すら解らずなるようになるさ!といった感じでした。

ある年、所属している目黒の会で
運よく優勝させていただき
今日まで続けてきました。

入ってみると
芸の道は簡単なものではなく
幼少の時から習われているベテランさんがひしめく中
吟じ方が違う、節回しが出来ない、
呼吸ができない、舞台で緊張するという
数々のジレンマにとらわれるようになりました。

ブログに載せることも
ためらわれるようになっていました。
仕事の多忙な時期に重なるときは
特に喉のコンディションもあり
負担に感じていたのは事実です。

様々な角度から詩吟を本当に
好きでいられるだろうか?と自問自答してきました。
趣味が楽しい場所でなくなるのは本末転倒。

漸く、迷いが晴れました。
写真は頂いた桐の師範看板。
そして会場の様子、ゲストの先生方の吟と舞の写真です。

詩吟は平安時代から続く伝統文化。
敷居は高く、日本語を正しい発音で
歌わねばならないという難しい世界です。

でももうコンクールで競うことや結果より
私らしく吟じていこうと決めました

あの雨の降る悪天候を押し
足元の悪い中、お越しいただいた先生方の
私たち会員の発表を
見守ってくださる温かい応援のまなざしと
笑顔の絶えない、みなぎるパワーは
年齢を超え
芸の魅力や奥深さを究めた成果の表れだと
感じました。
見習いたいと思います。

これからは
ゆるやかに楽しみながら
吟力アップをめざし
私なりの吟を探求してまいります。

PS・・・大和撫子の心を保てる場所として・・

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
不調で臨んだ詩吟コンクール
昨日は気持ちの良い青空でしたね。

いつも参加しているEMIレコーズ詩吟コンクール。

来月参加予定の都大会の曲目と同じもので

過去にも挑んだお気に入りの楽曲です。

17日ごろからのどの痛みがあり風邪をひき

一度は快方に向かっていると思いきや

25日位からぶり返したようで練習は

控えていたのですが

2日前に練習しすぎたことで喉を傷めたようです。

コンクール当日の直前の声だしで声が出ないことに気が付き

参加辞退を考えました。

コンクール前日まで咳止めを飲んだり早めに休むなど

それなりにコンクール体制を作ったつもりでしたが

万事窮すとはまさにこのこと。

EMIkonnku-ru.jpg

結果的に入賞次点の努力賞を頂きました。

昨年優勝者による模範吟はパスさせていただこうと

考えましたが、今まで練習してきた経過を下手なのは覚悟で

自分なりに表現しようと本数を下げていただき最後まで吟じました。

ベストは難しいまでも今までのコンクールの中で

初めての大アクシデントに見舞われました。

プロのミュージシャンやアスリートの方たちは

想像以上の努力をされているのでしょう・・

コンクールは非日常。あまりないことですが、たった1回の勝負。

その結果に一喜一憂し、落胆したり嬉しくなったりします。

詩吟そのものを考えてしまったり・・大波小波をくぐってきました。

人生、いいことばかりとは限らない。

こんなこともあるけれどとわかっていながら

当日とは・・悔いる気持ちが沸き出て辛かったです。

でも回りで励ましてくださった旦早流の仲間の

言葉に励まされました。

この言葉がなかったら歌わなかったかもしれません。

苦しいときほど仲間の言葉は心に響きます。

コンクールでは拍手は禁止されていますが

模範吟の始まりには会場から拍手を頂きました。

心に沁みました

改めて歌うことが心から好きなのだなと思いました。

今日は午前中に納品や発注の仕事を済ませ

これからお医者さんいきです。

頑張った自分と傷みに耐えて無理やり歌わされた喉に敬意を払い

癒してあげようと思います

来月は都大会でリベンジします


にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村




優勝カップの向こうに見えるものは?
21日趣味の詩吟コンクールがありました。

目黒区連に所属していますが一般一部で優勝することが出来ました。

62回目黒優勝!

62回大会の優勝トロフィ

歴代の優勝者の名前がかかれた記章がかかっています。

一般一部の年齢は35歳から55歳まで。

吟界ではこの層の人たちの数は減り続けています。

詩吟の知名度は残念ながら低く

コンクールとなると朝から夕方までのロングコース。

土・日開催となると仕事を持つ現役世代にとっては

参加しにくいこともあるのでしょうか?

次回は東京都大会に駒を進めますがここからは難関を極めます。

趣味のとらえ方は人それぞれ。

マラソンなどアスリート系の分野でも大会を目指す方もいます。

詩吟という伝統芸能の分野は奥深く

すぐに結果が出るほど簡単なものではないけれど

技術の習得や修正をしながら日々向上したいという思いは

どなたも持っているものだと思います。

この向上心が尽きることのないように

するにはどうしたら良いのか?


優勝というご褒美を貰えましたが次の大会へのハードルの前に

一山を越えられるか?を考えている私がいます。


今日は暖かく春らしいお天気になりましたね

皆さん良い休日をお過ごしください。


にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村



プロフィール

ハート

Author:ハート
FC2ブログへようこそ!
さいたま市中央区のオフィスから。インテリアコーディネーターです。インテリア全般の仕事をしています。
風水を取り入れた開運や暮らしの運気があがるインテリアを創っていきます。どうぞ宜しくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中!

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ