FC2ブログ
素顔でインテリアトーク As time gose by ・ fromさいたま市
さいたま市にあるインテリアコーディネーターオフィスより。ゆったりリラックスしながらインテリアのお話をしています。暮らしの様々なシーンを交えて。ワイン大好きICの素顔トーク。
02 | 2018/03 | 04
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

「関東灘」小川町酒蔵は日本一の仕込み水

お酒は基本何でもいただきますが
今年に入り友人から教えてもらった小川町の酒蔵。
再度の訪問です。

1酒蔵

帝松(みかどまつ)というブランドは
1851年より続く歴史のある松岡酒蔵さん。
もともとは新潟にあった蔵を移し小川町に移築して
現在に至ります。

3酒蔵

次期7代目の若き松岡専務。
酒蔵見学を心良く受けてくださり
お酒のタンクや製造方法の説明や
タンクにあるお酒の匂いをかがせていただきます。

発酵中のタンクは二酸化炭素が
充満しており誤ってタンクに落下すると
30秒ほどであの世いき・・・と
恐ろしい話です。

2酒蔵

こちらはお米を蒸すかま。
ここでお米を蒸していきます。

5酒蔵

この柱は大変古く武士がつけた
刀の跡があります。
昔は武士と言えど金銭的に厳しく
刀はサイン・・・いわゆるキャッシュ払いの
印という事なんだそう。
何と新撰組のかたもこちらに来たことが
あるとか。
時代劇で密造酒を
作っていてお役人さんがくると
慌てて隠すというシーンを見たことが
あります。
武士にとって
お酒は欠かせないものだったのですね。

7酒蔵

こちらは何とお役人さんのお部屋。
酒税のあるお酒。
造り手がごまかさないように
毎日このこちらに通い見張っていたそうです。
驚きですよね。

6酒蔵

当時はこの酒樽(陶器)でお酒を
売っていたそうです。なんとこの文字も絵も全て
手書き。貴重です。

「関東灘」の異名を持つ小川町において
特徴的なものが仕込み水。
帝松さんでは地下130mの地下より天然水を
ひいています。
秩父山系の山々を長い時間かけてこの小川町に
流れつくそうで、日本1の硬度を誇る水ということです。

水がきれいなところは
お酒が美味しいとは知るところですが
小川町の地盤は固く
2011年の地震時にはビン1本
割れなかったそうです。

仕込み時の蔵はマイナスの寒さ。
その中でも
大吟醸は特別丁寧な製法で作るので
素手で絞ったりする過酷な仕事です。
秩父連山から吹く風は
美味しいお酒を造るには最適だが
厳しい仕事環境でもあるのです。

ワインも好きですが
こうして日本酒の歴史や日本1である
事を聞きますと
間もなくのお花見やお祝い時には
日本酒を味わいたいと思います。
※ちなみにオンラインで購入できます。

鮮度の良いお刺身やおひたし、
山菜天ぷらには日本酒がばっちり合いますよね。
試飲もたくさんさせていただきました。
不思議なことに上質のお酒のせいか
酔いもすっと抜けてくれるのです。

お彼岸の今日は何と雪
信じられない寒さです。
体調管理、気を抜けません
来週から
リフォームとカーテンの仕事がフルに動き出します。


にほんブログ村


スポンサーサイト
桜の季節です。

暑さ寒さも彼岸までという通り
今日関東は7℃、昨夜から雨がしとしと降り続いています。
明日も気温が低いようですね。

さて先週18日、
趣味の詩吟コンクールがありました。
第二部で準優勝を頂き5月の都大会に
進むことになりました。
おりしも新月に重なり
願い事を3つ書き留めるという
事も致しました。
振り返ればミスはなかったものの
持ち味である!?声のボリュームが足りず
次回こそ満足のいく吟を目指してまいります。
それにしても
芸の道は厳しく
舞台経験を重ね
毎回、満足のいく吟ができるように
精度を高めていくのが
私の目標です。

sakura 2

桜の開花情報もちらほら。
今年は関東も3月中に見ごろを迎えそうですね。
詩吟では目黒区連に所属しているというのに
こちらの場所で
ちゃんとお花見をしたことがありません。

「一番好きな季節は?」と聞かれますと
春なのです。

冬からと気温が緩み
新しい始まりの季節とあって
期待と希望を持った人々との
おりなす風景が春なのだと思います。
三寒四温ともいわれ
気温も定まらず花粉症の方にとっては
辛いところもあるようですが
短い期間で開く桜を見るのがとても好きです。

夜空に咲く桜も良いですね。

今日はこれからお友達と小川町の
酒蔵に再び行ってまいります。
お花見用の日本酒を買ってきます。

花より団子ならぬお酒・・・大人女子の愉しみと
いったところで

皆さま、体調管理にお気をつけくださいね。


にほんブログ村

世界遺産 ベルサイユ宮殿・・MY行きたい旅リスト10

昨日、私の知人より
パリの写真を送っていただきました。

ベルサイユ宮殿。

IMG_4298.jpg

今年1月に行かれたパリでは
連日雨に見舞われ
お仕事を兼ねた強行スケジュールの中
ベルサイユ宮殿を是非見たいと
頑張っていかれたそうです。
雨のベルサイユ宮殿、
晴れた景色と違ってみえているのも
GOODです。

王室の栄華をしのばせる世界一華麗な
ベルサイユ宮殿。
ルイ14世による建築、
その後ルイ16世の時代にいたるまで
フランス宮廷文化の象徴となりました。

庭園内部のプチ・トリアノンは
ルイ16世がマリーアントワネットに
贈ったもの、彼女はベルサイユの地で唯一
自分の趣味が表現できた女王ということです。
(今回はお庭の方は行けなかったとのこと)

IMG_4312.jpg

グラン・トリアノン(大離宮)
ルイ14世が、宮廷での公務を離れて
家族や身近な側近たちと過ごすために造った離宮。
映画の中で、このシーンが鮮明に記憶に
残っています。

IMG_4421.jpg

広大な噴水庭園。

IMG_4401.jpg

花柄のファブリックの天蓋と大きめの椅子。

IMG_4337.jpg

椅子や家具、大きな絵画。
贅沢の限りを尽くしたインテリア。
まさにブルボン王朝そのもの。

ベルサイユ宮殿だけでもこの広さ。
他にも
ルーブル美術館やオルセー美術館など
見どころが多いので出来れば1週間くらいの
日にちをかけてフランス旅をしたいと思います。

Mさん、写真有難うございました。
素敵なお土産です


※ 最旬最速トレンドの記事に本物生地の
   写真を加えました。 合わせてお読みくださいませ。


にほんブログ村



プロフィール

ハート

Author:ハート
FC2ブログへようこそ!
さいたま市中央区のオフィスから。インテリアコーディネーターです。インテリア全般の仕事をしています。
風水を取り入れた開運や暮らしの運気があがるインテリアを創っていきます。どうぞ宜しくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加中!

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ